久しぶりのキャンプは秩父巴川オートキャンプ場に行ってきました。

8/4-6(土日)
天候は今年の異常気象を象徴するかのような日中は39度くらまで上がりましたが
雨はは降らず、風もなったくないといった感じです。

涼を求めて川遊びをしたいという目的で比較的近場で探してみました。秩父は、何回か行っているのですが、やはり自宅からは直線では近いのですが、意外と時間がかかるというのが正直なところです。

キャンプ場はとても広く家族連れだけでなく、大勢のバイカーの方たちや若い方や海外の方など川遊びを楽しんでいました。

高規格なキャンプ場というわけではなく最低限の設備は揃っているという感じです。
川の横にあるという立地的にも夏向けのキャンプ場です。
幼稚園児くらいの子供から小学生、大人まで楽しめる川があります。
お風呂はなくシャワーだけですが、夏のこの暑さなのでシャワーだけで十分だと思います。
どうしてもお風呂入りたい方は近くの日帰り温泉行ってもいいかもです。
レンタル品や売店も少しはありましたが、忘れ物はないようにしましょう。

ロケーションは、荒川の河川敷に隣接したオートキャンプ場で、清流のせせらぎを聞きながらで川遊びや魚釣り、夜は川や星を見ながらのんびりバーベキューなど大自然の中ならではのアウトドアライフが楽しめます。

特に夏はリバーサイドがオススメですね。キャンプ場内でも気温変わるくらい涼しいです。
自分は一段上でしたが、あきらかに気温差はあります。
遊具は、リバーサイドにアスレチックなどもあり、子供たちはターザンロープに夢中になって遊んできました。
自然の中でご家族や友人とご一緒に、大人数できても大丈夫な広さはあります。日常にない開放感をたっぷり満喫していただけます。

天気はとてもよく、日中は38*9度まで上がり。
川遊びは十分楽しむこともできました。

テントの設営は一人でやりましたが、さすがに暑かったですね。熱中症になるかと思いましたw。
このテントはまだあまり慣れていないせいもあり、少しまごついてしまいましたが、まあ小一時間もあれば車から荷物だして設営まで写真の状態にはできる程度です。その間嫁子供たちは川で遊んでいました。

設営終了後は、汗だくなので川に直行です。
めちゃくちゃ気持ちよかったのですが、思った以上に冷たく少し入ったくらいで火照った体は冷えます。

夜間は25度くらいまで下がり、寝始めた23時くらいではまだ暑さはありましたが、寝始めたら冷えることもなく朝まで寝ることもできました。さすがに、夏の時期は寝袋不要です。

チェックアウトが早めなので、朝は片付けをしながら川遊びもして、キャンプ場をでました。
◇チェックイン11:00~17:00 
◇チェックアウト10:00

1サイトにつき1台無料 
※2台目より +1,000円
(キャンプサイト1区画に2組以上入る場合、+2,000円必要 ※車1台含む)


■住所
埼玉県秩父市下影森2222-4

■アクセス
関越自動車道花園ICから国道140号を秩父方面へ。
秩父市街の先、秩父県土整備事務所前交差点で県道209号へ右折、巴川橋手前で一般道へ左折して現地へ。
花園ICから35km

■料金
サイト使用料=オート1区画車1台まで4800円、
リバーサイト・キャラバンサイト1区画車1台まで6500円、追加1台1000円/
宿泊施設=バンガロー7000円※別途施設使用料1人(4歳以上)1000円必要/

■電話
0494-26-5773 
受付時間は9:00~17:00、12~翌2月はFAX(0494‐26‐5783)で受付




image1

area_map


image3


image8

トイレは綺麗で、ウォシュレットもついている水洗式のトイレがあります


image9


image7

お湯はでません。洗剤やスポンジはありません。忘れないように持参しましょう。

image4


image10